トップ > グーグルアース衛星写真集 > グーグルアース4.3ベータ版について

グーグルアース4.3ベータ版について

グーグルアース4.3(ベータ)と旧バージョンとの違い

2008年4月16日にグーグルアース4.3(ベータ)が公開されました。旧バージョン(4.2以前)との違いは、以下のとおりです。


ナビゲーション機能の変更

画面右上のナビゲーションコントロールの機能・デザインが若干変わり、「コンパスリング」「ジョイスティック」「ズームスライダー」の3つに分割されています(角度を変えるのが少しやりにくくなった気がします)。また、別の場所にジャンプするときのモーションがよりダイナミックかつスムーズになりました(見つめていると眩暈がしそうです)。

サンライト機能の追加

これまでは時間の観念がなく固定された衛星写真しか見られませんでしたが、時間単位で日照の変化まで見られるようになりました。ツールバーに追加されたサンライト機能(日照表示)のアイコンをクリックするとタイムスライダーが表示され、すべての場所で日の出から日の入りまでの変化を楽しむことができます。

ストリートビュー機能の追加

これまでは上空からの視点のみでしたが、地上に設置されたカメラからの視点でも見られるようになりました。レイヤに追加されたストリートビュー機能をオンにすると360度のパノラマ写真が見られ、しかも車のナンバーや人の表情まで識別できるほどの高解像度です。ただし、今のところ(2008年4月現在)カメラが設置されているのはアメリカ国内の一部都市みのようです。

ストリートビューの詳しい使い方はこちら↓
グーグル・ストリートビューの使い方&おもしろ画像集

3D表示機能の拡大

これまでも3D表示はできていましたが、3D表示できる都市・建物がさらに増え、さらにリアルになりました。とはいえ、まだまだ限定された都市のみのようです。今後も少しずつ増えていくものと思われます。

グーグルアース4.3(ベータ)のデモ動画

グーグルアース・ダウンロード方法

グーグルアース衛星写真集一覧